1. 楽習フォーラム トップ
  2. 講座のご紹介
  3. ビーズ&ジュエリー
  4. ジュエリークロッシェ
  5. カリキュラム委員紹介
  6. 2008style,2009styleアーティスト紹介
ビーズ&ジュエリー

ジュエリークロッシェ


アーティスト紹介

水野久美子 カリキュラムプロデューサー

上智大学を卒業後、手編み、機械編みの師範資格を取得。編み物の講師を経て、2002年からメイキングディレクターとしてビーズワークのテクニック分析・カリキュラム作成・教科書出版を手がけ、楽習フォーラムのカリキュラム委員を務める。楽しくわかりやすい授業には定評があり、カリスマ講師として高い人気を集める。
2006年NHK「おしゃれ工房」出演。
著書「ジュエリークロッシェ教室」「針と糸で編むビーズステッチ」「誰でもやさしく楽しめるビーズステッチアクセサリー」「はじめてでも編めるビーズステッチ教室ジュエリーステッチ」他。編纂に「ビーズカラーコーディネート講座 ビーズの配色がわかる本」、編集に「ビーズスキル認定教科書」「かぎ針で作るビーズのシルバージュエリー」他。

清水美和子

清水美和子

都内を中心にビーズ講師として活動中。
2008年、教室の卒業生とともにネットショップ「nagomi*style」を立ち上げる。2009年2月には、東京で開催された桂由美先生のブライダルショー「45th Anniversary 2009 YUMI KATSURA PARIS GRAND COLLECTION」にて作品採用。「ジュエリークロッシェ・コスチュームジュエリーコンテスト」最優秀賞受賞などコンテストなどの入賞多数 。6月には、NHKおしゃれ工房に出演し、ジュエリークロッシェを紹介。

ホームページ:nagomi あとりえ和み

門田ゆき子

2002年よりビーズ教室を開講し、アトリエジュエビー主宰。
ジュエリークロッシェのカリキュラム委員として活動中。ビーズ誌にも多数作品提供している。2010年 アーツJクラフツ展2010審査員奨励賞受賞。2011年 ビーズアートジャパン大賞2011審査員奨励賞受賞。


ホームページ: アトリエ ジュエビー

岸 美砂子

岸 美砂子

2007年有名デパートで初日にして、デパートスタッフが驚くほど作品が売れ、現在では指名でオーダーが入る人気デザイナー。アーツJクラフツ展ジュエリーワーク部門で4年連続上位入賞する他、多数のコンテストで入賞。2010年にはYumi Katsura「2010春夏パリ・オートクチュールコレクション」と「2010GRAND COLLECTION IN TOKYO」でコスチュームジュエリー制作に携わり活躍の場を広げた。2010年12月、NHK教育テレビ「すてきにハンドメイド」へ出演。編み物歴25年の経験とパリ・オートクチュールコレクションのセンスを生かした作品は、多くのファンを作り出している。

岸 美砂子ブログ 【岸 美砂子のジュエリー物語(ストーリー)】

岡本恵子

ビーズパフェ主宰。
楽習フォーラムジュエリークロッシェカリキュラム委員。
アーツJクラフツ展2011でクリソスクリエイター賞(産経新聞社奨励賞)を受賞。そのほか「桂由美コスチュームブライダルジュエリーコンテスト」日本余暇文化振興会奨励賞、ビーズアートジャパン大賞等多数のコンテストで入賞。
ジュエリークロッシェ認定教材をはじめ、雑誌や書籍に掲載しているさまざまなキットのデザインも担当。

ホームページ: ビーズパフェ

関けい子

Chamビーズ主宰。
楽習フォーラムジュエリークロッシェカリキュラム委員。
コスチューム・ブライダルコンテスト銅賞。そのほか、多数のコンテストで入賞。ジュエリークロッシェ認定教材をはじめ、雑誌や書籍に掲載しているさまざまなキットのデザインも担当。2010/11/10 NHK「すてきにハンドメイド」リリアンを紹介し、初出演。2011/4/14 NHK「すてきにハンドメイド」に、好評第2弾のリリアン出演。

ホームページ: Charm

木崎由美

木崎由美

アトリエfiore(アートクレイ工房GUNMA)主宰。
銀粘土講師、ジュエリークロッシェカリキュラム委員、ワイヤーモード、クロッシェカフェ、ビーズステッチ本部専任講師。主婦と生活社「ダイヤモンド毛糸あみものコンクール」金賞、「ばらサミット押花コンクール」大賞、「シルバーアクセサリーコンテスト」奨励賞、「ビーズアートジャパン大賞」特別賞など、各部門で受賞歴多数。教室活動・作品展などの実績において ホビー大賞グループ部門・個人部門にて表彰。2000年「美術年鑑」にて各部門コンクール優秀成績をおさめ工芸部門に作家として掲載。群馬・栃木・埼玉県にてお教室多数。

fiore 木崎 由美のブログ


講座のご紹介


技能認定について